忍者ブログ
「がんばるアフリカ」を応援するキャンペーンです。 後援:外務省
[80] [79] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 アフリカ2008キャンペーンでは、Run for Africaの始動を始めました。

目的は、アフリカを感じること。

日本では、マラソンは根強い人気を誇ります。また、マラソンだけではなく、駅伝でもアフリカの選手を見ることができます。

アフリカのマラソン選手には、日本にもなじみの深い選手も多くいます。

ローマ・オリンピック、東京オリンピックで史上初の2連覇を果たした「裸足の王者」アベベ・ビキラ(エチオピア)。

日本でもWFP(国連世界食糧計画)の学校給食プログラムのPRでおなじみの、ポール・テルガド(ケニア)は、アテネオリンピックの勝者です。

2004年のアテネオリンピック銀メダリストのキャサリン・ヌデレバ(ケニア)は、UNICEF親善大使としても活躍中。

国民の期待をこめて走るグレートランナー、ハイレ・ゲブラセラシエ(エチオピア)は、2007年のベルリン・マラソンで世界新記録を樹立しました。

現在世界で活躍するマラソン選手の多くはアフリカ出身者。その高い身体能力は、マラソンの世界記録を塗り替えています。

Run for Africaは、マラソンを通じて、アフリカを知り、アフリカの人々を応援する企画です。

第1弾は、「河口湖日刊スポーツマラソン大会」でのパフォーマンスです。

tshirt.gifRun for AfricaのTシャツを着た参加者約30名が、河口湖を走り抜けます。Tシャツには、ハイレ・ゲブラセラシエのサイン入りです!

(Tシャツのデザインは、試作段階です。変更の可能性あり。
確定後、販売開始予定です)

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Africa2008Campaign
stecker2008年に第4回アフリカ開発会議(TICAD IV) とG8サミットが日本で開催されます。 その「2008年」まであと1年。 (特活)TICAD市民社会フォーラム(TCSF) は、「がんばるアフリカの人々」を応援する 国民的機運を作り出すため、アフリカにかか わる多様な方々と協力しながら、「アフリカ 2008キャンペーン (Africa 2008 Campaign)」 を立ち上げました! アフリカ2008キャンペーンは、みなさんからの 公募で決まったキャッチコピー、「アフリカ人の 声を聞け」を使って、さまざまなイベントを 企画しています。
お問い合わせ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
寄付について
NGOarene

「がんばるアフリカを支援したい」方向けの寄付パックをNGOアリーナに設置しました。詳細はNGOアリーナ ウェブサイトまで