忍者ブログ
「がんばるアフリカ」を応援するキャンペーンです。 後援:外務省
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神戸学院大学のHPにSADC大使講義の紹介が掲載されました。
(以下http://www.law.kobegakuin.ac.jp/~hogakubu/student/national/seminar.html

第4回文化相互理解シンポジウムのお知らせ
 
駐日コンゴ民主共和国大使をお招きして ~アフリカの希望と未来に向けて~

駐日コンゴ民主共和国大使をお招きして ~アフリカの希望と未来に向けて~
法学部 准教授 杉木明子
 法学部では、2007年11月16日、第4回文化相互理解シンポジウムを開催いたしました。今年度はアフリカ諸国の現状を理解し、アフリカと日本の今後を考えることを目的として、南部アフリカ開発共同体(SADC)加盟国の大使をお招きし、リレー講義を行なっていただくことになりました。(第1回目のSADCリレー講義は駐日モザンビーク大使に行なっていただきました。)今回は、駐日コンゴ民主共和国特命全権大使であるマルセル・マルンバ・チティンバ氏に「コンゴ民主共和国:アフリカの希望と未来へ向けて(The Democratic Republic of Congo: Hope and Future of Africa)」というテーマで講演を行なっていただきました。 

 まず基調講演でチティンバ大使は、コンゴ民主共和国(旧ザイール)の歴史を簡単に説明され、パワーポイントを使いながらコンゴの多様な自然、社会、文化などを紹介されました。そして1990年半ばから不安定な政情が続いた背景、国際社会の取り組みなどを説明され、2006年に行なわれた大統領・国民議会選挙を経て、あらたな国家再建、平和構築の取り組みが進んでいることを概説されました。 

 その後、質疑応答セッションでは、1961年に暗殺されたルムンバ首相に対して、現在国内ではどう評価されているか、コンゴ民主共和国は国連ミレニアム開発目標(MDGs)を2015年までに達成できると思うか、コンゴ民主共和国に対してどのような国際協力が必要かなどといった様々な質問がでました。大使は、外交官になられる以前はジャーナリストだったということもあり、どの質問にも的確に答えていただきました。 

 当シンポジウムには、本学学生、教職員ならびに学外からの一般参加者が100名ほど参加し、大盛況のうちに終わりました。これまであまり詳しく知らなかったコンゴ民主共和国の現状や日本との意外な関係がわかり、コンゴ民主共和国に対する関心が高まったというコメントが多くよせられました。

   今回のシンポジウム開催にあたり、非常に多くの方々にお世話になりました。
 事前の準備にご協力いただいたコンゴ民主共和国大使館のスタッフの皆様、事前および当日の会場準備と撤収等をお手伝いいただいた法学部ならびに教務事務室関係者の皆様、担当者をいつも助けてくれているゼミ生にお礼申し上げます。

http://www.law.kobegakuin.ac.jp/~hogakubu/student/national/seminar.html

PR

southafrica.gif



龍谷大学大学院アジアアフリカ総合研究プログラムでは、下記のとおり駐日南アフリカ特命全権大使講演会を開催します。

これは、TCSFのアフリカ2008キャンペーンの一環として行われるものです。

当日は、国際協力論の振替講義となりますが、学外の方も参加可能ですので、皆さまふるってご参加ください。

      記
日時:2007年12月6日(木) 13:15~14:45
場所 : 龍谷大学深草学舎21号館402号教室
http://www.ryukoku.ac.jp/web/map/fukakusa.html

講演者: 駐日南アフリカ特命全権大使 ボールドウィン・シボ・ングバネ(Dr.BS Ngubane)氏

演題 : 「南アフリカの発展と課題」(通訳あり)
対象 : 学生・教職員・一般公開 (参加費無料、事前申し込み不要)
主催 : アジアアフリカ総合研究プログラム
共催 : 龍谷大学経済学部
協力 : (特活)TICAD市民社会フォーラム
問合先:龍谷大学大林研究室 obayashi@econ.ryukoku.ac.jp

※講演会後15時30分より紫英館2階第1共同研究室で大使と教員・学生の交流会を開きますので、こちらもお越しください。

龍谷大学アジア・アフリカ総合研究プログラム

tanzania.gif

タンザニア駐日大使を迎えての講義を開催

 


 

(11月21日)SADC(南部アフリカ開発共同体)国の大使による日本の大学でのリレー講義の第五弾が開催されます!

今回は関西大学で、タンザニア駐日大使を行使に行われます。

一般公開ですので関西に在住の方、タンザニアに関心がある方、ぜひご参加ください!

日時 2007年11月26日(月) 16時20分~17時50分

場所 関西大学千里山キャンパス 第2学舎1号館5階 A501教室
    大阪府吹田市山手町3丁目3番35号
    学内マップ:http://www.kansai-u.ac.jp/Guide-j/mapsenri.html
    交通アクセス:http://www.kansai-u.ac.jp/Guide-j/access.html

演題 「タンザニア経済の現状と開発の課題」

講師 タンザニア連合共和国特命全権大使 ムタンゴ氏

 


 

SADC大使レクチャー講義の問い合わせはアフリカ2008キャンペーン事務局まで
関西大学HP
タンザニア連合共和国大使館HP
外務省のタンザニア国に関するHP

  DRC.gif

第4回SADC大使リレー講義が神戸学院大学で行われます!

秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

神戸学院大学法学部では、SADC大使リレー講義第二弾として下記のように駐日コンゴ民主共和国大使講演会を開催いたします。

当日は、中東アフリカ政治論の振り替えになりますが、学外のかたも参加可能ですので、皆さまふるってご参加ください。

      記
日時:2007年11月16日(金) 13:15~14:45

場所:神戸学院大学ポートアイランド・キャンパス B号館210教室

講師:マルセル・ルムンバ・チディンバ駐日コンゴ民主共和国特命全権大使

講演テーマ:「アフリカの希望と未来に向けて」
(講演は英語ですが、通訳がつきます)

対象:本学学生・教職員・一般公開(参加費無料、事前申し込み不要)
主催:神戸学院大学法学部

協力:TICAD市民社会フォーラム

問い合わせ先:神戸学院大学法学部 杉木研究室 asugiki@law.kobegakuin.ac.jp
              TEL:078-974-1551(代)

アクセスに関しては下記のページをごらんください。
http://www.kobegakuin.ac.jp/campus/port/access.html
下記のページにも講演会の案内を掲載しております。
http://www.law.kobegakuin.ac.jp/~hogakubu/student/national/seminar.html

 


外務省のDRC情報


 

■第一回TICAD・アフリカ勉強会特別シンポジウム 議事録 


日時:2007年7月10日(火)13:15~14:30 
於:名古屋大学国際開発研究科 8階第一会議室 
参加者:40名 

 1. Program

  • Welcome Address: Prof. Shinichi Yamamoto(Vice President for international affairs of Nagoya University) 
  • Guest Speech: Prof. Masao Yoshida(Board member of TCSF) 
  • Lecture “Fighting Poverty in Malawi”: Malawian Ambassador- Roosevelt L. Gondwe 
  • Free discussion 
  • Conclusion Remarks: Prof. Hirotsune Kimura (GSID)


<Malawi Poverty Reduction Strategies(MPRS)>
MPRSは4つの政策柱に基づき、貧困削減プロジェクトを作成しています。
すなわち、①急速で持続可能な経済成長と構造調整の促進、②人間資本開発の増進、③脆弱な生活の質の改善、④ガバナンス、の4点です。貧困削減は、他の様々な問題と関連するため、国家の政策枠組に取り入れることが、国家全体の発展につながると考えられます。

 

 <Malawi Growth and Development Strategy(MGDs)>
MGDsの主な内容は、MGDとは、MPRSの中間目標としての位置づけがされています。持続可能な経済成長・人的資源の基盤確立・脆弱なエンパワーメントの保護という原則のもとに成り立っています。また、飢餓の削減・初等教育の増加・女性のためのプログラム・HIVやマラリアの予防・安全な水へのアクセス向上が目指されています。
従来の政策の改定と予算が見直された90年代以降、世銀やIMFなどのドナー機関を通じて、マラウィには支援が行われています。近年は、若者支援・教育・職業訓練・制度構築などが貧困削減の重要な第一段階であると考えます。例えば、法の支配や人権についての制度が確立されていなければ汚職が蔓延してしまいます。そうであるならば、効果的な援助の浸透・実現はできません。

<Implementation>
ドナーなどからの支援と年間予算に基づいて援助計画が作られ、優先順位の高いものから予算が割り当てられます。すなわち、農業肥料政策、雨水による灌漑設備、インフラ整備、農村地域開発、保健・衛生、教育などです。
政府がコミュニティのニーズをくみ取って、地域の問題に対応することは困難です。したがって、このような開発のイニシアティブは、コミュニティが持つべきであると考えます。また、開発援助の段階に応じて予算の見直しを行わなければなりません。例えば、日本はマラウィに大きく立派な橋を建設したが、人々がそこにアクセスをするための手段がなければ意味がありませんし、メンテナンスも必要となります。そのための費用を国家予算に組み込まなければならなくなり、様々な面で影響を及ぼす。ひとつの支援は、他の事柄にも影響を与えると考えられ、それらの様々な分野に対して人々のアクセスが確保されるべきなのです。

〈One Village One Product in Malawi〉
マラウィでは一村一品は政府によって運営されている運動です。一村一品は地方政府・農村開発省に事務局を置いています。マラウィの一村一品は3つの主要な機関によって支援されています。それは、コミュニティ(資金貢献)、政府(技術支援、プロジェクト融資、プロジェクト評価、市場安定、訓練)、JICA(融資、機械装置、専門家)です。では、マラウィでの一村一品はどのように機能しているでしょうか。マラウィの一村一品はコミュニティがプロジェクトを選定します。そして、それぞれのグループが民主的な方法に則り議長、副議長、書記、副書記、会計そして4人の委員から構成される委員会の設置が期待されています。グループは銀行口座を開設し、経済活動を行わなければなりません。そのためには、グループは必ずビジネスプランを持つ必要があります。グループ運営中は費用、損失をシェアする準備をしておく必要があります。一村一品運動の影響としては、利益を享受する人が増えた、利益を享受する人々の間のネットワークが構築されたという点は注目に値します。世帯所得も向上しました。アンテナショップが都市に作られました。一村一品製品は現在、国のスーパーマーケットで利用可能です。これからのマラウィの一村一品の大きな挑戦は、市場へのアクセス、資本インフラ、製品の市場への移送、小規模ビジネスマネジメントのスキルが挙げられます。これらの問題をクリアすることにより、より質の高いプロジェクトになると思います。

〈Millennium Village Program〉
 国連ミレニアムプロジェクトは、貧困に陥った村の発展を助け、2015年までに達成出来なければなりません。住民の歩ける距離にヘルスクリニックや教育的施設を設置し、食料安全保障、安全な水へのアクセス、道や電気などのような本質的なインフラを設置しています。ミレニアム村プロジェクトはマラウィでは2005年に始まりました。11のマラウィの村がパイロットプロジェクトとして認定されています。プロジェクトはひまわりの種と肥料を家族に提供します。2006年のプロジェクトではハト豆、その他の豆類、落花生を提供しました。すべての受益者の数は13236世帯であります。政府系機関である笹川技術財団は家族を訓練しました。2006年のプロジェクトでは食料安全保障が改善しました。また、人々は衛生施設と学校へのアクセスを得ることができました。

 


3.参加者からの質疑応答(一部)  

質問1:マラウィでは、農民への市場創出の状況はどうですか。

大使による回答:
マラウィの農村では貧困が非常に大きな問題になっています。マラウィ政府は多くの農村が成長のエンジンになると考えており、イニシアティブをとっていかなければならないと考えています。農村にとってマーケットは存在していますが、それはコミュニティのためのマーケットに過ぎません。より多くの収入を得るためには都市に行かなければなりません。しかし、彼らが都市内部でそれらを行うことは出来ません。つまり、他の地域を開拓・発展させていかなければなりません。しかし、砂漠地帯からマーケットへのアクセスは非常に困難です。そこで、地方ごとにマーケットを創出することによりより農民に近い市場の創出が可能になると思います。

 

 質問2:日本はアジアに対する援助経験が豊富にあるが、アフリカ援助の経験が少ないです。そのような日本が、民主化支援を行っていくことはできるのでしょうか?政府が農業と農村地域に対する資源を継続することの政治的インセンティブとシステムは何でしょうか。ガバナンスや制度構築の問題ですが、農村開発において政府、ドナー、での調整を行うための組織作りにおいて、どのような開発支援ができるのでしょうか?

大使による回答:
制度的な問題として、政策を策定していく際に支援的な要素であり、また政策担当者、ドナーもアクセスできるようなデータ管理システムを構築する必要に迫られています。マラウィは農業以外を選ぶことが出来ず、農業に関しても同様にきちんとした文書管理のシステムを構築していく必要があるでしょう。それによってより有効な貧困削減に対する政策が策定できるはずです。エイズに関しても、国家エイズ局がそれらの文書を作成蓄積し、JICAの専門家がオフィスでそれらを閲覧し、それを基にプロジェクトを展開しています。それらのデータベースを活用することで、それぞれのプロジェクトを1から始める必要はなく、コストの削減につながります。しかし、政府による公共支出の予算はあらかじめ決まっているので、それらの制度的ないわゆるソフトな支援を必要としています。アジアモデルについては、産業分野における生産性や技術向上について、またそのための制度構築についてアフリカにも応用は可能であると考えます。民主化支援はわからないが、国民の政治的意思向上や地方自治の在り方については応用が可能なのではないでしょうか。

質問3:貧困削減政策についてマラウィ政府にはたくさんの経験があると思いますが、従来の貧困削減の失敗および90年代以降新しい政策が行われるようになったのはなぜでしょうか?

大使による回答:
構造調整政策によって、公共支出の削減が世界銀行などから要求され、それによって国民の生活は更に苦しいものになりました。かつては一方的な援助が行われていましたが、90年代以降の貧困原因の変化によって従来の政策では対応できなくなってしまいました。そこで、市民参加を促し、ビジネスセクターや農民とのコンサルティングを行いながらの双方向的な貧困削減政策へと移行していったのです。世界での経済開発、貧困の論理は変化しています。1990年代はマクロ経済が最も注目されていました。しかし、多くの学者や援助関係者と議論した結果、参加が非常に重要な意味を持つとの考えをもつようになり、国民の意見に耳を傾け始めました。政策決定者は住民のニーズを聞くようになりました。この政策を今後も推進していきたいと思います。

 

 

<文責>
平塚学、高橋麻奈



2.大使による講義の要旨


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Africa2008Campaign
stecker2008年に第4回アフリカ開発会議(TICAD IV) とG8サミットが日本で開催されます。 その「2008年」まであと1年。 (特活)TICAD市民社会フォーラム(TCSF) は、「がんばるアフリカの人々」を応援する 国民的機運を作り出すため、アフリカにかか わる多様な方々と協力しながら、「アフリカ 2008キャンペーン (Africa 2008 Campaign)」 を立ち上げました! アフリカ2008キャンペーンは、みなさんからの 公募で決まったキャッチコピー、「アフリカ人の 声を聞け」を使って、さまざまなイベントを 企画しています。
お問い合わせ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
寄付について
NGOarene

「がんばるアフリカを支援したい」方向けの寄付パックをNGOアリーナに設置しました。詳細はNGOアリーナ ウェブサイトまで