忍者ブログ
「がんばるアフリカ」を応援するキャンペーンです。 後援:外務省
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アフリカ2008キャンペーンの協力企画として、写真家板垣真理子さんのポートフォリオができました!

アフリカン・ビューティ」(三五館刊) 
2008年3月刊
三五館アマゾンから購入可能。アフリカ2008キャンペーン事務局にも在庫あり。
定価¥3500(税込)

ポートフォーリオ・ボックスの内容は・・・アフリカの明るく強い日差しの下で撮りつづけた、アフリカン・イン・アフリカと、なんと日本で撮りおろした、アフリカン・イン・ジャパン。金屏風や、稲田や、古民家の中で不思議なマッチを見せる、アフリカンの姿を見てください。

三五館連絡先
〒160-0002 東京都新宿区坂町21 リカビル1F
TEL 03-3226-0035 FAX 03-3226-0170
sangokan@alpha-net.ne.jp 


詳細はアフリカ2008キャンペーン事務局まで

PR

アフリカ2008キャンペーン協力企画として、写真家板垣真理子さんの写真展「African Beauty」が現在横浜と東京で開催されています。ぜひご来場ください。

写真家 板垣真理子さんがアフリカの明るく強い陽光の中で撮影したアフリカン・ビューティ(1998年より撮影)と日本の風景、金屏風、古民家、神社などで撮影した、アフリカと日本の出会う楽しさアフリカン・イン・ジャパン(2007年撮りおろし)の約60点をそれぞれの会場で展示します。


横浜JICAスペースでの写真展
4月18日~5月13日 (休 なし) 
開館時間 10時~18時(入館最終時刻・17時30分)
℡ 045-663-3220
会場へのアクセス:http://www.jica.go.jp/yokohama/office/index.html#map
※5月10日午後1時からトークショーあり(要申込)。
http://www.jica.go.jp/yokohama/event/index.html#a0418-01

【関連イベント】板垣真理子氏トークショー
写真家 板垣さんによるお話や、コラ(アフリカの楽器)やディジリジュ(アボリジニーの楽器)を使ったミニライブがあります。
日時:5月10日(土)13時から
会場:JICA横浜 会議室1
参加費:無料
申込方法:
「電話かメールでお申込。
※メール申し込の場合は件名に「5月10日イベント申込み」、内容に「名前、連絡先、所属先(学校名、会社名等)」を記入のこと。
締切り:定員50名になり次第締切り。

 

問合せ先:
JICA横浜 連携促進チーム
電話番号:045-663-3220(直)
       045-663-3251(代)
mailto:yictpp@jica.go.jp

 


世界銀行PIC東京
5月7日~23日10-18時 (休・土日祝) 
開館時間 10時~18時
℡ 03-3597-6650
会場:世界銀行情報センターPIC東京
最寄駅・新橋or 霞ヶ関

 

【関連イベント】板垣真理子氏トークショー

アフリカに入った時にまず、ぼんっと私の目に飛び込んできたのは人々の明るく強い笑顔と美しいファッションだった。特に女性たちのおおらかな逞しさは格別だった。ある人はスレンダー、ある人はまるまるとはちきれんばかり。アフリカは生命力の大陸だ。そんなアフリカの光の中で写された「アフリカン・イン・アフリカ」。また日本に住むアフリカ女性を被写体とした、とても珍しい「アフリカン・イン・ジャパン」(2007年撮りおろし)の二つのシリーズの展示。古民家、稲田など日本の風景や文化と、アフリカ女性の不思議なマッチも驚くばかり。アフリカと日本は深く繋がっているように見える。 ~板垣真理子~

5月20日(火) 午後6時30分~8時
*要参加申込み
会場:世界銀行情報センター(PIC東京)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階  
地下鉄三田線内幸町駅、日比谷線・千代田線・丸の内線 霞ヶ関駅下車

問合せ先:PIC東京(世界銀行情報センター) 
E-mail: ptokyo@worldbank.org 
Tel:03-3597-6650

申込方法:
名前、 所属・団体、連絡先を「5月20日トークセッション参加希望」と明記の上ptokyo@worldbank.org宛送付。参加費は無料(コーヒー付き)。使用言語は日本語、日本手話通訳付。写真展は入場無料。
PIC東京のウェブサイトからも申し込めます。

萩原智子さん

山梨学院カレッジスポーツセンター研究員/シドニー五輪日本代表
http://www.worldswimagainstmalaria.com/supporters.aspx

 

Run for Africa

 

私の大好きな水泳でも、アフリカの子供達を救おう!と「ワールド・スイム・アゲンスト・マラリア (World Swim Against Malaria)」というチャリティ・イベントが開催され、色々な方々と活動させて頂く中で、この「Run for Africa」を知りました。

 

私は、競泳現役時代、貧しい国々への遠征を度々経験し、世界の中には、まだまだ貧困に苦しんでいる人がいるのだと、強く心に感じました。

しかしそんな中で目にしたのは、貧困の中でも元気で明るく、そして一生懸命に生きる姿。そしてどんな環境でも、状況でも、目を輝かせながら、夢を語る姿・・・。

そんな彼らにも、私達と同じように、夢に向かってチャレンジしてもらいたい・・・そんな想いがずっと心の奥底にありました。

 

1人のアスリートとして、私にできること・・・それは、スポーツを通じて、沢山の人々の心に、アフリカの人々の苦しみや不安を知ってもらい、私達と同じように笑顔で過ごせるよう協力を呼びかけることなのです。


スポーツと触れ合いながら、アフリカの苦しみ、悲しみ、不安を救うことができる・・・この機会に、命の尊さ、そしてスポーツの素晴しさを一緒に共感し、世界中に笑顔の輪が広がると嬉しいです。笑顔は、優しさのシンボルマークです。笑顔と共に、心の平和を感じ取れる素敵な時間になることを祈っています。

萩原智子は、アフリカの人々の沢山の笑顔を見たい・・・心からそう願っています。

Run for Africaサポーターである、マーラ・ヤマウチさんからメッセージが届きました。
私は幼少の頃8年間アフリカのケニアに住んでいました。私がランナーになった
ことは、子供の時にアフリカの大自然の中を沢山走りまわったことが影響して
いると確信しております。美しいアフリカ大陸で過ごした思い出は私の人生から
切り離すことはできません。そのため私は常に、アフリカは私の故郷であると
いう気持ちがあります。

TICAD IVに合わせて「Run for Africa」のサポートができることは私にとっても大きな
意義があります。

Run for Africaを通じて、より多くの人がアフリカに対する意識を高め、アフリカの
実情を理解すると共に、アフリカが直面している問題に手を差し伸べるきっかけに
なることを願います。

私は参加される皆さんを、そしてアフリカを心から応援しています!

マーラ・ヤマウチさんの公式ブログ

Run for Africaサポーターであるマーラ・ヤマウチさんのブログで、Run for Africaの紹介がされました。

マーラ・ヤマウチさんはイギリスの北京オリンピック出場マラソン選手で、2008年1月の大阪女子国際マラソンで優勝。名前「マーラ」は、両親が通算25年滞在したケニアに流れるマラ川(Mara River)からとられたものです。

 

マーラ・ヤマウチさんの公式ブログはこちら


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Africa2008Campaign
stecker2008年に第4回アフリカ開発会議(TICAD IV) とG8サミットが日本で開催されます。 その「2008年」まであと1年。 (特活)TICAD市民社会フォーラム(TCSF) は、「がんばるアフリカの人々」を応援する 国民的機運を作り出すため、アフリカにかか わる多様な方々と協力しながら、「アフリカ 2008キャンペーン (Africa 2008 Campaign)」 を立ち上げました! アフリカ2008キャンペーンは、みなさんからの 公募で決まったキャッチコピー、「アフリカ人の 声を聞け」を使って、さまざまなイベントを 企画しています。
お問い合わせ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
寄付について
NGOarene

「がんばるアフリカを支援したい」方向けの寄付パックをNGOアリーナに設置しました。詳細はNGOアリーナ ウェブサイトまで