忍者ブログ
「がんばるアフリカ」を応援するキャンペーンです。 後援:外務省
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5回 駐日南アフリカ大使とのコーヒーアワー

開催日時:200687日(月)18:152000

場所:富国生命ビル

共催:世界銀行情報センター(PIC)・TICAD市民社会フォーラム

ゲスト: 駐日南アフリカ共和国特命全権大使 B.S.ングバネ 閣下
コメンテーター: JETROアジア経済研究所研究員 牧野久美子氏 



page.jpg5回目のコーヒーアワーは、駐日南アフリカ大使、B.S. ングハネ
氏 をお招きして行われました。今回はこれまでで最も多い50名ほどの方に参加していただき、用意された軽食を堪能しながら、リラックスした雰囲気で話が進みました。

はじめに、来日中であったジョン・ペイジ世界銀行アフリカ地域担当チーフエコノミストの開会のご挨拶から始まりました。ペイジ氏からは、ご自身の南アフリカでの経験も紹介していただきました。




southafrica.jpg次に大使閣下から、南アフリカの政治・経済状況についてお話していただきました。大使は冒頭でTICADプロセスと日本のODAが平和の安定と紛争後の社会の再建を通じた開発の推進を行っていることを述べられました。経済状況については、
新たな施策 "Accelerated and Shared Growth Initiative of South AfricaAsgisa"(成長加速と共有に向けたイニシアチブ)の実施で一層の経済成長を目指す政府の試みや、日系企業の進出など具体的にご紹介していただきました。また、TCSFについても言及していただき、TCSFのアフリカ外交団との連携の取り組みなどを評価していただきました。





makino.jpg続いて南アフリカの専門家であるコメンテーターの牧野氏からお話がありました。牧野氏は、
2001年から2003年にかけて、ケープタウンに滞在されていた経験があり、ご自身の経験をご紹介されながら、南アフリカの最近の変化について、お話してくださいました。アパルトヘイト時代に都市部で黒人居住区として設定された「タウンシップ」におけるインフラの整備やHIV/AIDSの取り組みの前進を紹介していただいたほか、日本のNGOによるHIV/AIDS問題への取り組みなど、公的部門と市民社会との協働の重要性を指摘していただきました。


世界銀行の報告

 


 

南アフリカ大使館HP
外務省HP

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Africa2008Campaign
stecker2008年に第4回アフリカ開発会議(TICAD IV) とG8サミットが日本で開催されます。 その「2008年」まであと1年。 (特活)TICAD市民社会フォーラム(TCSF) は、「がんばるアフリカの人々」を応援する 国民的機運を作り出すため、アフリカにかか わる多様な方々と協力しながら、「アフリカ 2008キャンペーン (Africa 2008 Campaign)」 を立ち上げました! アフリカ2008キャンペーンは、みなさんからの 公募で決まったキャッチコピー、「アフリカ人の 声を聞け」を使って、さまざまなイベントを 企画しています。
お問い合わせ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
寄付について
NGOarene

「がんばるアフリカを支援したい」方向けの寄付パックをNGOアリーナに設置しました。詳細はNGOアリーナ ウェブサイトまで